電話
052-433-4100
問い合わせ
En/日本語
En/日本語

弁護士費用

※料金については別途、消費税が必要となります。

国際取引

法律相談

1時間1万円(30分の設定はございません。以後30分毎に5000円を加算させていただきます)
名古屋国際法律事務所では、初回相談を受けた後、安心してお帰りいただけるよう、力を入れて取り組んでいるため、初回相談はあえて有料とさせていただいております。

英文契約書作成・内容の確認

5ページまで  8万円
6ページ目以降  1ページにつき8000円
但し、文字が10ポイント以下など、1ページの文字数が多い場合には、1.5倍を上限として増額する場合があります。

契約交渉・紛争解決など

時間制報酬(タイムチャージ)
1時間につき3万円から5万円(担当弁護士の専門性・事案の難易・係争利益の額などを考慮して決定します)

出張日当

半日…3万円以上5万円以下。
1日…5万円以上10万円以下。
外国への出張 移動日も含め1日10万円以上

顧問料

英文契約書の作成・確認が含まれる場合、月額5万円以上

国際家事事件(離婚事件・相続事件・ハーグ案件など)

相談料

1時間1万円(30分の設定はございません。以後30分毎に5000円を加算させていただきます)
名古屋国際法律事務所では、初回相談を受けた後、安心してお帰りいただけるよう、力を入れて取り組んでいるため、初回相談はあえて有料とさせていただいております。

離婚事件(国内手続)

着手金
離婚のみの場合,離婚交渉・調停で30万円,訴訟で40万円
養育費,財産分与,慰謝料が問題となる事案は,上記とは別に10万円以上を追加させていただきます。
離婚交渉から離婚調停を受任する場合,離婚調停から離婚訴訟を受任する場合の着手金はいずれも10万円以上を追加させていただきます。

報酬金
離婚が成立した場合,離婚交渉・調停で30万円以上,訴訟で50万円以上
養育費・慰謝料・財産分与が認められた場合,
養育費については調停の場合1年分の15%,訴訟の場合1年分の20%,
財産分与・慰謝料については実際に回収した額について一般訴訟事件及び調停・示談交渉事件の報酬基準と同じ額。

外国での離婚手続等

時間制報酬(タイムチャージ)
1時間につき3万円から5万円(担当弁護士の専門性・事案の難易・係争利益の額などを考慮して決定します)

ハーグ案件

返還手続の代理
 着手金50万円以上。 成功報酬50万円以上。
 但し、抗告審、執行段階など、各段階で一定の報酬を追加させていただきます。
面会交流調停等の代理
 着手金30万円以上  成功報酬30万円以上

遺言書作成

定型の場合は,20万円。
非定型の場合は,遺産の額が,
300万円以下の場合…30万円。
300万円を超え3000万円以下の場合…2%+24万円。
3000万円を超え3億円以下の場合…0.4%+48万円。
3億円を超える場合…0.2%+60万円。
ただし,特に複雑又は特殊な事情がある場合は,協議により決定します。
公正証書にする場合は,上記の手数料に3万円を加算。

遺産分割協議・調停(国内手続)

遺産分割調停の着手金、報酬金は、法定相続分の価格を基準に、一般訴訟事件の3分の2。但し、最低額は30万円。
調停から引き続き訴訟その他の事件を受任する場合,着手金は、法定相続分の価格を基準に、一般訴訟事件の2分の1、報酬金は一般訴訟事件の基準による。

外国遺言の執行・外国の相続人との協議等

時間制報酬(タイムチャージ)
1時間につき3万円から5万円(担当弁護士の専門性・事案の難易・係争利益の額などを考慮して決定します)

出張日当

半日…3万円以上5万円以下。
1日…5万円以上10万円以下。
外国への出張 移動日も含め1日10万円以上

入管・難民事件

相談料

1時間1万円(30分の設定はございません。以後30分毎に5000円を加算させていただきます)
名古屋国際法律事務所では、初回相談を受けた後、安心してお帰りいただけるよう、力を入れて取り組んでいるため、初回相談はあえて有料とさせていただいております。

在留資格(ビザ関連)

簡易な在留資格の申請・更新・変更の代理は、手数料10万円。
事案の複雑な在留資格の申請・更新・変更等は、
着手金20万円以上、報酬金20万円以上。
退去強制手続の代理は、
着手金25万円以上、報酬金50万円以上。
不許可処分に対する行政訴訟・義務付け訴訟は、
着手金50万円以上、報酬金80万円以上。
仮放免手続は、他の手続に付随してのみ受任可能で、別途10万円以上。
再審情願は、
他の手続に付随する場合、別途10万円
他の手続に付随しない場合には、25万円以上。

難民事件

異議手続の代理(口頭意見陳述・審尋への立ち合い
着手金25万円以上、報酬金50万円以上。
異議棄却・在留特別許可しない処分に対する行政訴訟は、
着手金50万円以上、報酬金80万円以上。

一般事件(訴訟・交通事故・労働事件・刑事事件など)

相談料

1時間1万円(30分の設定はございません。以後30分毎に5000円を加算させていただきます)
名古屋国際法律事務所では、初回相談を受けた後、安心してお帰りいただけるよう、力を入れて取り組んでいるため、初回相談はあえて有料とさせていただいております。

訴訟事件

着手金は,事件の経済的な利益の額(請求額又は請求されている額)が,
 200万円以下の場合…一律20万円。
 200万円を超え500万円以下の場合…7%+5万円。
 500万円を超え3000万円以下の場合…5%+15万円。
 3000万円を超え1億円以下の場合…4%+45万円。
 1億円を超える場合…3%+145万円。

報酬金は,事件の経済的な利益の額(獲得した額又は支払いを免れた額)が,
 100万円以下の場合…一律20%。
 100万円を超え1000万円以下の場合…15%+5万円。
 1000万円を超え1億円以下の場合…10%+55万円。
 1億円を超える場合…8%+255万円。

調停事件・交渉事件

着手金,報酬金共に一般訴訟事件の3分の2。
示談交渉から調停,示談交渉又は調停から訴訟その他の事件を受任する場合,
着手金は一般訴訟事件の2分の1。ただし最低額は10万円。

保全事件

訴訟事件と合わせて受任する場合は,着手金は訴訟事件の基準額の3分の1,報酬金は訴訟事件の報酬金に含まれます。

民事執行

執行事件のみを受任する場合の着手金,報酬金は共に訴訟事件の2分の1。
訴訟事件から引き続き受任する場合の着手金は,建物明渡の執行事件が20万円,その他の執行事件が10万円で,報酬金は訴訟事件の報酬金に含まれます。

労働事件

原則として,一般訴訟事件の基準に準じます。

交通事故

<示談交渉・あっせんの場合>
 着手金は20万円以上
 報酬金は一般の調停・交渉事件に準じます。但し、保険会社の提示以降に受任した場合の報酬は、上乗せ金額の20% 相当額。
 あっせん仲裁手続の着手金は、示談交渉の着手金に含みます。

<訴訟の場合>
 着手金は40万円以上(示談交渉から引続き受任する場合、追加で20万円) 報酬金は一般の訴訟事件に準じます。但し、保険会社の提示以降に受任した場合の報酬は、上乗せ金額の30% 相当額。

刑事事件

着手金は
40万円以上
但し、否認事件の場合には、上記に50%を増額。
保釈請求は、別途10万円以上。
裁判員裁判適用対象事件の場合、別途協議します

報酬金は,
不起訴又は求略式命令で終了した場合は20万円以上。
無罪の場合は50万円以上。
刑の執行猶予が付された場合、30万円以上。
保釈が許可された場合は、20万円以上を追加します。
裁判員裁判の場合の報酬金は、別途協議します。

出張日当

半日…3万円以上5万円以下。
1日…5万円以上10万円以下。
外国への出張 移動日も含め1日10万円以上

顧問料

資本金1000万円以下かつ従業員15人以下の企業の場合、月額3万円以上
上記以外の企業の場合、月額5万円以上